スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社員時代の家賃滞納処理

皆さんこんにちは。早いものでもうすぐゴールデンウィークですね。
アローズ不動産は、5月4日(火)~5月7日(金)の4日間
ゴールデンウィーク休暇とさせて頂くことになりました。
5月8日(土)から通常通り、午前10時より営業しておりますので
宜しくお願い致します。


さて、本日は 会社員時代の家賃滞納処理 について
お話したいと思います。以前もお話したことがあるのですが、
私が不動産業界に飛び込んだのは約11年前のことでして、
当時は個人情報保護などの考えが特になく、
今のこのご時世では考えられないようなことが沢山ありました。

特に家賃の滞納者に対しては、結構無茶な行き過ぎた行為が
多々あったように思います。

当時のことですが、
①部屋の鍵を交換する
②部屋の玄関ドアに張り紙をする
③部屋の荷物を撤去するetc.

文章にすれば、大したことはないように思われるかもしれませんが、
①はその部屋の玄関を開けなければ鍵を交換することが
出来なかったので、いわゆる 不法侵入 になります。

②は玄関ドアに 「家賃滞納者」「金払え」 など、本当ドラマの
ワンシーンに出てくるような感じでした。

③は想像して頂ければわかると思うのですが、自分の家に
帰ったら部屋に荷物が何もないのです。家電・家具も全て。

上記の①~③は現在法規制もあり、ほとんど無いと思います。
アローズ不動産ももちろんありませんのでご安心下さい。

話しの延長ですが、当社には賃貸事業部と管理事業部という
2部門があり、現在管理事業部でこの家賃の集金業務をしております。
入居者が全て期日迄に家賃を支払っているかというとそうではありません。

毎月月初から大家さんに家賃を送金する日までは
家賃が滞っている入居者に連絡を取ったり、訪問したりで
結構な時間と労力を割くことになります。
家賃の長期滞納者がいる状態で管理を受託した物件もあり、
正直楽な仕事ではありません。

大家さんは個人でされている方がほとんどでして、
当社とビジネスパートナーになるまでは、本当大変だったようです。
困っていることを解決する ことで今日までやってこれたように思います。

今後も管理物件を増やしていく方針・方向性に変わりは
ありませんが、それが本当に世の中を良くしているのか、
役に立っているのか、常に自問自答の日々になりそうです。

少なくとも、周りが

出来ない、無理だと言ってることを
実現しよう!


と思う今日この頃です。


※最後までお目通しいただき、ありがとうございました。
  次回は、アクセス解析 についてお話したいと思います。

☆皆さんのクリックによってこのブログは支えられております。
  また読んでもいいかなと思われましたら、1クリックお願いします。
     ↓             ↓
   にほんブログ村 経営ブログへ





スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

雑談担当

Author:雑談担当
アローズ不動産㈱ 代表取締役
1976年生まれ。20代前半は
フリーター生活を送り、
約8年間の会社員生活後、
2007年に不動産会社を開業し、
現在に至る。

雑談担当の検索エンジン
カスタム検索
アクセス(2009.2.2~)
リンク
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキングに参加中
にほんブログ村 経営ブログへ
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
フリーエリア
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。