スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お部屋探しのポイント

皆さんこんにちは。先日、テレビの番組でパナソニックの創業者である
松下幸之助さんの格言のようなものをやっていました。

どうしたら売れるかではなく、どうしたら喜んで買って頂けるか

視点を変えることで見えてくるものも変わり、相手の立場で考えることの
重要性を説いているように思えました。

皆さんは、この格言をどう捉えますか?



さて、本日は お部屋さがしのポイント についてお話したいと思います。
人生で一度はお世話になるであろう不動産屋ですが、
今後不動産屋を利用する予定がある方やいつかは利用する予定の
ある方には少しでもお役に立てれば幸いです。


不動産の中でも賃貸に関する内容になると思うのですが、
まずは不動産屋でよくある風景から。訪問すると…

①店内がシーンと静まり返っている
②お茶すら出してくれない
③条件に合う物件を探してくれないなど

異業種では考えられないことが不動産業界では
未だ根強く残っております。


番外編として、こんな不動産屋はいやだ! というものを
集めてみました。それは…

①白いスーツを着ている
②ネクタイに何かしら付着している
③思いっきりペーパードライバーである
④物件に辿り着けない
⑤トイレが無いといって貸してくれない




さて、本題に戻りますが、お部屋探しにおいて一般的には
①家賃は収入の3分の1まで
②南向きバルコニーが良い
③2階以上のお部屋が良いなど


が、お部屋探しのポイントとしてよく雑誌や
インターネットなどで見かけます。


私の個人的な考えですが、

①は 収入の4分の1以下が良い と思います。
賃貸で生活を始めると交際費や外食の機会が増えたり、
車を購入し、駐車場が必要になったりで予想以上に
出費がかさむ可能性があるからです。


②は 東南向きバルコニーが良い と思います。
東向きは朝陽が差し込み、南向きは日中陽が差し込み、
要するに いいとこどり の方角だと思います。


③はライフスタイルによって大きく変化しますので、
一概に甲乙つけ難いのですが、小さな子供さんがいる
家庭では、2階よりも1階を選ばれる方も多く、
また 上階に比べて家賃が若干安い という
メリットもある為、皆さんの判断になるかと思います。


他にも私が部屋を選ぶ際ですが、
ケーブルテレビが対応している物件かどうか?
も重視して選んでおります。
ケーブルテレビが対応しているお部屋のテレビは概して
映りが良い のでオススメです。
雨・風・台風などの悪天候もほとんど影響しませんので。



ここまでの内容については、これくらい知っているよ、
または参考になったなど様々かと思われます。

ここからは、あまり知られていないこと を少しだけ
お話したいと思います。


まず、訪問する不動産会社の規模を確認 して下さい。
こと不動産業については、あまり規模の大小が影響しないことも
事実としてあるのですが、店舗の多い不動産会社だと取り扱っている
物件が多い為、生活する地域を限定していない場合は
オススメです。広島市のどこかに住みたいなどといった感じです。

反面、店舗が多いと社員さんの人事異動が結構ある為、
土地勘がない人が皆さんの担当をしたり、物件そのものを
知らない可能性もあります。


次に、訪問する不動産会社で
自社で物件の管理をどの程度しているか 確認して下さい。
これは結構重要です。
仲介といってお部屋をご紹介するだけの場合は、
社員さんの知識が浅く、入居してからトラブルになった際、
正直困ることも出てくるかと思われます。


皆さんにとっては、お部屋を借りることで終わりではなく、
実際に生活を始めてからが重要だからです。
1年くらいして、エアコンの調子が悪い、お湯の出が悪い、
水漏れが発生したなど、トラブルは付き物です。

その際に物件の管理をしている会社の社員さんであれば、
どこに電話をして手配をすれば良いか把握しているケースが多く、
極論を言うと、その社員さんが修理出来ることもある からです。


最後に以上の条件を兼ね備えた不動産会社が
広島市佐伯区にも存在します。その会社の名前は、

アローズ不動産株式会社

と言います。皆さんとご縁があることを願ってやみません。



※最後までお目通しいただき、ありがとうございました。
  次回は、不動産会社と水 についてお話したいと思います。

☆皆さんのクリックによってこのブログは支えられております。
  また読んでもいいかなと思われましたら、1クリックお願いします。
     ↓             ↓
   にほんブログ村 経営ブログへ





スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

不動産会社の仕事

皆さんこんにちは。先日、当社ホームページ運営に
ご協力頂いているMさんにお会いしました。
私よりも1つ年上の人になるのですが、インターネットに
関しては先生のような人でお会いする度にいろんなことを
教えてくれて、出来る範囲で教わったことを実行しております。頑張るぞ。おーっ。

全く異業種になるのですが、ホームページだけで
月に当社の売上の20倍以上を稼ぎ出すのです。えぇ
上には上がいるもんだとなんだか嬉しくなってしまいました。



さて、本日は 不動産会社の仕事 についてお話したいと思います。
過去に少し触れたことがあるのですが、私が駆け出しの頃と
比較して業務の範囲も多岐にわたり、複雑化しているのが
現状ではないかと思います。

特に顕著なのが、インターネット ではないでしょうか?うーむ
やれSEOだの、リスティング広告だの、日に日に複雑化して
いるように感じます。
アローズ不動産も先述の先生のお陰で、そこそこまんべんなく
取り組んでそれなりの成果は出ているのですが、未だに
手を焼いているのが携帯電話、そう、モバイル です。

実は私は携帯電話については非常に疎いのです。うおぉぉおぅ
社員から、「その携帯電話、私が高校生の時に使ってました」
と言われるくらいの年代物を今も愛用しておりまして、
当然周りは誰も持っていないレアな携帯電話です。

不動産会社の仕事で当たり前なのが、モバイルサイトの
運営・更新。もはやモバイルサイトが無い不動産会社を
探した方が早いくらいです。
不動産会社にインターネット・モバイルの専属担当者が
いる会社も多く存在します。

しかしながら、結局は人に会うためのツールに過ぎません。
そう、お客様を呼び込む為 なのです。
不動産会社にはお客様という位置付けが大きく別けて2タイプあり、
お部屋を探しているお客様
お部屋を貸しているお客様 (大家さん) があります。

どちらか一方だけというわけにはいかないのが
不動産会社の難しいところなのです。
大家さんというお客様が少ないと当然、商品(物件)も
少なくなりますし、結果お部屋探しのお客様も増えない、
いわゆる悪循環に陥ります。

大家さんとの日常における人間関係

が不動産会社の業績に大きく影響するのです。jumee☆faceA78


その逆もしかり。お部屋探しのお客様が少ないと当然、
大家さんは空き部屋が埋まらないから、離れていき、
これまた悪循環に陥ります。なんとなく感覚的に
掴めて頂けましたでしょうか?

現在では、それに加えて同業者さんとの人間関係も
会社の業績に影響するので、不動産会社はどこも
てんてこ舞いなのです。

これだけ、仕事・業務の範囲が多岐わたる業界が
今ひとつ人気が出ないのはなぜなのか?
時々考えてしまいます。

やりがいがあり、様々な仕事に携われ、いろんな人に会える。
特に女性が長く働ける仕事、職種ではないかなと
個人的には思っております。

それでも女性の社員さんや役員さんが少ないのは、
不動産業を営んでいる会社がいかに環境の整備が
出来ていないのかを物語っているように感じます。

アローズ不動産は、女性が長く働ける環境を女性と
共に整備し、また様々な制度を確立しなければと
考えております。社内的なことかもしれませんが、
これも不動産会社の仕事ではないかと思うのですが、
皆さんいかがでしょうか?




※最後までお目通しいただき、ありがとうございました。
  次回は、模様替え についてお話したいと思います。

☆皆さんのクリックによってこのブログは支えられております。
  また読んでもいいかなと思われましたら、1クリックお願いします。
     ↓             ↓
   にほんブログ村 経営ブログへ



[PR]新品の家具家電レンタル「借りたいくん」で、
どんなアパート・マンションも家具家電付き物件に大変身!





テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

なぜ不動産会社の定休日は水曜日が多いのか?

皆さんの職場には、定休日がありますか?
土・日が休み、不定休など様々だと思いますが私共の不動産業界は
定休日が水曜日という不動産会社が多く存在します。

では、

なぜ不動産会社の定休日は水曜日が多いのか?


ご存じでしょうか? jumee☆whyL

理由①契約が水に流れるから jumee☆faceA75
理由②1週間という単位で中休みを取りたかったから
jumee☆faceA82

以上の2つの理由が最たるもののようです。


当社でも定休日があるのですが、他社とは違い
毎週火曜日が定休日となっております。

理由①会社が火の車にならないようにする為 炎
理由②毎週火曜日が経験上、お客様の来店が少ないから
びっくり

理由①は、こじつけに近いのですが、理由②は事実です。


反面、年中無休の営業スタイルをとっている不動産会社も存在します。

なぜ?と考えてみました。多くの理由は…

①同業他社よりも、利便性を高める為
②いつも開いているという安心感をエンドユーザーに与えたい為
③業績向上の為...etc

理由は様々だと思いますが、最近では社員のことも考え、
年中無休の不動産会社も定休日を導入したり、
営業時間を短縮したりする不動産会社も増えてきました。

不動産会社(特に賃貸)では、短期間で退職する社員も多く アイコン名を入力してください
人手不足の会社も多く見受けられます。
雇用側も待遇面の見直しを図らざるを得ないのが現状でしょう。

現在、引越しシーズン真っ盛りですが、このシーズンが
終わると退職者が続出するのも、不動産業界の特徴です。いそげ

ですので、皆さんがお部屋探しの際は、
入居した後も対応してくれるかどうか、
担当者に尋ねてみてはいかがでしょうか?

あいまいな返答であれば、見送った方がベターです。バイバイ
会社単位で対応出来るキャパがある不動産会社は
ほんの一握りだけですので。


※次回は、社内で朝食のススメ についてお話したいと思います。


テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

プロフィール

雑談担当

Author:雑談担当
アローズ不動産㈱ 代表取締役
1976年生まれ。20代前半は
フリーター生活を送り、
約8年間の会社員生活後、
2007年に不動産会社を開業し、
現在に至る。

雑談担当の検索エンジン
カスタム検索
アクセス(2009.2.2~)
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログランキングに参加中
にほんブログ村 経営ブログへ
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
フリーエリア
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。